施術方法はお店によって違います!さまざまな種類がある脱毛マシン

脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛は、使用されているマシンによってアプローチ方法が異なります。いずれも回数を重ねるごとに徐々に効果が表れてきますが、それぞれの特徴を理解した上で通うサロンを決めるのがおすすめです。

国内に普及する脱毛マシンの最もシェアが大きい「IPL脱毛」

全国各地にある脱毛サロンの中で、最も多く利用されているのが「IPL脱毛」になります。インテンスパルスライトの略称で、国内のサロンに登場したのが1998年です。

メラニン色素に反応をして熱処理を行うマシン

IPL脱毛では、ムダ毛のメラニン色素に反応をする特殊な可視光線を照射します。毛根内の組織に熱ダメージを与えていくことで、少しずつ再生力を奪っていくという施術です。

IPL脱毛は特にこの熱ダメージのパワーが大きいことから、他のフラッシュ脱毛と比較して高い効果を見込めるのが特徴になります。ただし、その分強い痛みを感じやすいのがデメリットです。

副次的な美容効果を期待できる

IPL脱毛で使用されているライトには、シミを薄くしたり保湿力を高めるといった美容効果が見込めます。元々フェイシャルエステに利用されていたものと同様のものだからです。

あくまでも脱毛時の副次的な作用ですが、脱毛を続けているうちに肌の調子が向上してきたと感じる利用者が少なくありません。

肌に優しい脱毛マシン「SSC脱毛」

SSC、スムーススキンコントロール脱毛は、保湿効果のある冷却ジェルを塗布した上から照射をする施術方法になります。

ジェルの効果でしっかり抑毛

SSC脱毛もIPL脱毛同様に毛根を熱処理していきますが、ジェルを通すことから刺激が少なく肌に優しいのが特徴です。さらにこのジェルには抑毛効果のある成分が配合されたカプセルが含まれていて、照射の際に弾けて肌に浸透させることができます。

脱毛効果はIPl脱毛よりも劣りますが、肌を労わりながら施術を行いたいかた、敏感な部位の施術にピッタリです。

「SHR脱毛」は最新の脱毛の種類

毛根を熱ダメージで処理するのではなく、その上のバルジ領域という部位をターゲットにしているのが蓄熱式のSHR脱毛になります。

弱い熱を連射させることで低刺激で脱毛できる

ターゲットになるバルジ領域は、毛根に成長するための栄養を送り届ける部位です。この部位の働きを熱処理で抑えることで脱毛する最新のアプローチ方法になります。

毛根よりも表皮に近いことから高熱を必要とせず、弱い熱を連射することで施術を行うのが特徴です。そのため痛みを感じにくく、また、日焼け肌や色素沈着をしている肌でも脱毛を行えるのが特徴になります。

ただし、新しい種類のマシンで取り扱っている脱毛サロンが少ないのがデメリットです。また、歴史が浅いことから完了後のムダ毛の再生率に関するデータも不足しているため、その点を理解した上で施術を始める必要があります。